忍者でソロ

この週末は日本全国寒かったようで、
リアル伊賀では雪が降りました。3月ですよ…もう

さてさて、自国合戦でないとランニングできなくてまどろっこしいので
木曽川沖からは足が遠のいてしまって…
 (織田家のみなさん、ごめんなさい)

で、最近(ここ3~4日)は忍者でソロにはまってます。
あんまり取り合いはしたくないので過疎地、摂津和泉の山奥で。
はじめの頃(LV26くらい)は泉州野武士(LV21~27)をコツコツと。
頭数によりますが経験値8000~15000くらいゲットで、まあまあオイシイ。
マゲも手に入るし。

んで次はもうちょっと奥にいる六甲の虎(LV25~29)を。
コイツは威嚇(ピヨり)~渾身撃!っちゅう必殺コンボで事故ることもありましたが
経験値の他に虎の皮、動物の毛皮も入手で、まずまず。
でも虎はたま~に取り合いになるので、基本は人がいない時。

そこそこ成長した昨日は、闇取引商人(LV27~31)にトライ
経験は60000~80000とかなりイイ!
その分、全職に近い徒党構成で結構手こずります。
壱とはいえ詠唱韻も使ってくるし、守護も発動するしで…
 (鍛冶屋ではまずソロしない相手です)

でもこれって結構勉強になりますね。
詠唱使ってくるから巫女から沈める必要あるし、でもいきなり陰陽の準備だと
そっちいかなくちゃだし、守護あるから普通に攻撃だと止まんないこと多いし
技能実装枠も考え直して~、と少しだけ他職の苦労がわかった気がします。
 (極み~釣り、しておけば何とかなってしまう鍛冶屋がメインだと
  やっぱり何もわかってなかったワケで…)

準備動作のバーは読めないことは無いんですが、
戦闘中の姿勢としてまだまだ読もうという意識が足りないなぁ、と反省。
死なない程度に成長してしまう前に、痛みを感じながら覚えて行こうと思います。


今日も長文&駄文でゴメンなさい。(オチないしw)
[PR]

by m_osafune | 2005-03-14 10:02 | 日記  

<< リンク 木曽川沖2日目 >>